HOME>お役立ち情報>事故車も査定に出して専門業者に買取してもらうことが可能

事故車も査定に出して専門業者に買取してもらうことが可能

駐車場

事故車の買取業者とは?

一般的には事故車は評価が低くなり、買取をしてもらえないことも多いです。しかし、中には事故車でも査定をして金額を出してくれる買取業者もあります。そのような業者では、車本体の価格ではなく再利用できる部品や鉄やアルミを評価の基準として金額を出しています。もちろん、新しい車のほうが査定額も高くなるのですが、古い車でも相場に応じて金額が出されます。そのため、処分料を支払った二束三文で売るよりもメリットが大きいです。それに加えて、査定も自宅や指定した場所まで来てくれて行うため、手間がなく金額を知ることができます。それに加えて、レッカー代や名義変更なども無料としているところもあります。そのため、業者を選ぶときにはレッカー代などを確認してから依頼することがポイントです。

模型

事故車の査定基準

事故車の査定でもある程度の基準のもとに金額を出しています。まずは、一度直している車を修復歴ありといいますが、内容によって異なります。正式に事故歴となるのが、フレームやルーフパネルが変形した場合です。そのため、バンパーを潰してしまっても骨格に異常がなければ事故車ではありません。そのため、査定の基準となるのがどの部分が破損していて、程度がどのくらいなのかで判断されます。もちろん、車の年式や走行距離なども加味して金額が決められます。ちなみに、直していない場合には破損の状態で判断されます。例えば、車体の一部分だけ壊れている場合には修理費も大きくないため相場よりも少し安くなる程度です。しかし、エンジンが損傷していたりエアバックが出ていたりする場合にはかなり金額が下がってしまいます。それに加えて、買取業者によっても基準があるため、買い取り実績なども確認することが大切です。